ちょっとイイ歯なし(ブログ一覧)|「よりよい治療」を追求する歯医者|佐賀県吉野ヶ里のエイト歯科クリニック

ちょっとイイ歯なし

歯の健康のために、ちょっとイイ歯なし

間食と虫歯

 

 

 

 

みなさん、こんにちは😊

 

 

今回は、『間食と虫歯の関わりについてお話しします。

 

 

 

 

 

画像1

 

 

 

患者様とお話ししていると、よく

 

「甘いものをたくさん食べるから虫歯になるんですか

 

といったような質問を受けます。

 

 

 

 

確かに、甘いものを食べるよりは食べない方が

 

虫歯にはなりにくいのかもしれませんが、

 

甘いものが大好物だという方に

 

「甘いものを食べると虫歯になるので食べないでください」

 

と言うのは酷な話だと思います。

 

 

 

 

それに、子供の頃は1日に3回の食事だけでは

 

必要な栄養を十分に摂取することができない為、

 

おやつを食べることで足りない栄養を補っています。

 

間食は大事な栄養摂取の手段のひとつなので

 

おやつは与えたほうが良いのです!

 

 

 

 

 

 

画像2

 

 

 

 

それでは、どうしたら

 

「間食しつつ虫歯になりにくい口腔内」

 

を保つことができるのでしょうか

 

 

 

 

 

 

画像3

 

 

 

甘いものを控えているはずなのに

 

虫歯になりやすい方は、

 

「食べ方」に問題があるのかもしれません。

 

 

 

 

飲食後、お口の中では、

 

細菌の生み出す酸や飲食物の酸により歯の成分が溶け出します。

 

(この現象を脱灰といいます)

 

その後、唾液の働きで脱灰した成分を元の状態に戻していきます。

 

(この現象を再石灰化といいます)

 

 

 

 

 

画像4

 

 

いくら食べる量を控えても、

 

だらだらと長い時間をかけて食べていたり、

 

ちょこちょこと食べる回数が多かったりすると

 

虫歯になりやすくなります。

 

 

 

甘いものの「量」以上に、

 

食べる「頻度や時間」が問題となります。

 

 

 

飲食後、お口の中では、

 

細菌の生み出す酸や飲食物の酸により歯の表面が脱灰し、

 

その後、時間をかけて再石灰化していきます。

 

脱灰する力が再石灰化する力を上回る状態が

 

長時間続くと、虫歯になります。

 

 

画像5

 

 

 

 

ひっきりなしに甘いものが口の中にあると、

 

唾液が歯を修復する時間が取れません。

 

飴をずっと舐めていたり、

 

ジュースを常に飲んでいると虫歯になりやすいのです。

 

 

 

 

虫歯になりにくい口腔環境を維持するためには

 

長時間だらだらと食べ続けない

 

ちょこちょこ食べをやめて間食の回数を減らす

 

 

この2つが大切です!!

 

 

 

 

たとえば、ジュースを飲みたいのなら

 

おやつの時に一緒に飲んで、

 

後は糖分が入ってない飲み物を飲むようにするetc...

 

 

 

 

少しだけ今までの食生活を見直し改善するだけで

 

虫歯の少ない口腔内環境に変化することができるのです。

 

 

 

 

より良い口腔内環境を目指して

 

頑張りましょう♥♡

 

 

 

 

画像6

Copyright (C) 2007 エイト歯科クリニック All Rights Reserved.

Copyright (C) 2007 エイト歯科クリニック All Rights Reserved.