ちょっとイイ歯なし(ブログ一覧)|「よりよい治療」を追求する歯医者|佐賀県吉野ヶ里のエイト歯科クリニック

ちょっとイイ歯なし

佐賀県吉野ヶ里の歯医者|エイト歯科クリニック > ブレッジ・入れ歯・インプラント

歯の健康のために、ちょっとイイ歯なし

ブレッジ・入れ歯・インプラント

皆さんこんにちは。
今日は歯がない所の治療方法についてお話ししたいと思います。


 

歯がないままにしておくと、歯が伸びて咬み合わせが悪くなり歯並びが悪くなったり、歯の隙間に食べかすが溜まり虫歯になりやすくなります!
このように歯が1本でもないと色んな影響が出てくるので、補う治療が必要になります!
治療には『ブリッジ・入れ歯・インプラント』の3種類があります。


ブリッジとは・・・歯のない両隣の歯を削って作る連結した被せ物のことで、保険と自費から選べます。

<利点>
・固定されるので違和感が少ない
・噛む力が落ちない
・治療期間が短い(約1週間)


<欠点>
・虫歯じゃない歯を削らないといけない(失った歯の位置・数により削る本数が異なる)
・支えとなる歯に負担がかかる
・失った歯の位置や数、両隣の歯の状態によって治療できない時がある。


☆治療の流れ☆

歯のない所の両隣の歯を削り、土台を作ります。
※土台となる歯は今まで以上に負担がかかるので場合によっては治療出来ない時があります。又、歯がない所・本数によって土台となる歯が増える場合もある。

画像2

型取りをして出来上がったブリッジをセメントでつけて治療終了です。

画像3

入れ歯とは・・・部分入れ歯と総入れ歯と2つあり、保険と自費から選べます。

<利点>
・取り外しができ、清掃しやすい。
・歯を削らなくていい。
・治療期間が短い(約1、2週間)


<欠点>
・慣れるまで異物感がある
・噛む力が弱くなる
・金具をかける歯に負担がかかる

☆治療の流れ☆

画像4

型を取って、歯のない所にプラスチックと赤いロウで出来た入れ歯の原型を作ります。

画像5

赤いロウを柔くして口の中で咬んでもらい、噛み合わせを取ります。

画像6

出来上がったら装着してもらい、調整をします。
痛み等なければ治療終了ですが、それまでは数回に分けて調整に来てもらいます。




インプラントとは・・・顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療です。

<利点>
・自分の歯のように噛める
・歯を削らなくていい
・他の歯に負担をかけない
・固定でき、違和感がない
・審美性に優れている

<欠点>
・手術の必要がある
・保険が利かない
・治療時間が長い(約6ヶ月~1年)
・骨や全身の状態によっては出来ない場合がある

☆治療の流れ☆

画像7

まずレントゲンで骨の状態などを確認します。

画像8

歯肉を切開し、骨に穴を開けて人工歯根(インプラント)を埋め込みます。インプラントと骨が結合するのを約3ヶ月~6ヶ月待ちます。
結合したらインプラントの頭出しをして土台と被せ物の型取りをします。被せ物が出来るまで仮歯を装着しておきます。

画像9

出来上がったら仮のセメントで装着します。

画像提供:プラネット DXファインダーより

Copyright (C) 2007 エイト歯科クリニック All Rights Reserved.

Copyright (C) 2007 エイト歯科クリニック All Rights Reserved.