ちょっとイイ歯なし(ブログ一覧)|「よりよい治療」を追求する歯医者|佐賀県吉野ヶ里のエイト歯科クリニック

ちょっとイイ歯なし

歯の健康のために、ちょっとイイ歯なし

酸蝕歯になるリスク

こんにちは
毎日の生活の中で頻繁に酸を摂取することで歯が溶ける病気についてお話します

普段は唾液の力でお口の中が中和され、歯が溶けるのを防ぎます
しかし、酸の摂取が多すぎたり唾液が少なすぎたりして、そのバランスが崩れ長時間又は繰り返し酸がお口の中にある場合、酸蝕歯になります

例えば、飲料水でいうとコーラやチューハイやワインなどあります。 他にもレモンやグレープフルーツ、黒酢です。 酸性のものを口にしたら、そのあとに水やお茶を飲まれるといいと思います
また、赤ちゃんにジュースを与える場合、哺乳瓶にいれて与えそのまま寝てしまうことがあると思います。 これは、酸蝕歯になるリスクが高くなります。 妊婦さんは悪阻がある時期は胃液などで酸蝕歯になりやすいので、しっかり歯磨きをされて下さい

Copyright (C) 2007 エイト歯科クリニック All Rights Reserved.

Copyright (C) 2007 エイト歯科クリニック All Rights Reserved.