ちょっとイイ歯なし(ブログ一覧)|「よりよい治療」を追求する歯医者|佐賀県吉野ヶ里のエイト歯科クリニック

ちょっとイイ歯なし

歯の健康のために、ちょっとイイ歯なし

小児歯科

 こんにちは中山です

今回は小児歯科についてお話ししたいと思います
 
 

まず歯の萌出時期や注意点について説明します
<歯が生えてくる時期は個人差があります>

赤ちゃんが生まれて半年程してくると、一番最初の乳歯が生え始めます
この頃はお母さん、お父さんはお子さんの歯をガーゼで拭いてあげるといいですよ
 

生後半年から3歳の頃に注意してもらいたい事は、虫歯は『ミュータンス菌』の感染によっておこりますので、この時期は1番感染しやすいという事です
 
また、1度感染すれば一生ミュータンス菌がお口の中に生き続けます
 
なので、大人と同じ箸で食べたり、口移しは気をつけて下さい。

画像2

2歳半から3歳頃までに20本の乳歯が生え揃います
奥歯が生えて虫歯ができやすくなりますので、仕上げ磨きしっかりして下さい

画像3

6歳になると永久歯が生え始めます

 

画像提供:プラネット DXファインダーより



奥に生える6歳臼歯は歯ブラシが届きにくいので、大変虫歯になりやすいです
また、萌出したばかりの永久歯(幼若永久歯)は虫歯になりやすいため、しっかり歯磨きと予防処置が必要となります

この時期は、乳歯と永久歯が混在した「混合歯列期」と言います

中学生になると乳歯から永久歯への交換も終わり、15歳頃には永久歯が生え揃います
 

このように、乳歯から永久歯への交換が終わり永久歯はこれから一生使っていかなければなりません 

 

次に予防についてお話しします

予防には家庭でできるものと歯科医院でできるものがあります

家庭でできる予防

①小学校低学年くらいまでは仕上げ磨きを親がする。
②フッ素入り歯磨き剤、フッ素ジェルを塗布する。
③キシリトール100%ガムをかむ。
④甘いものを与えるときは、回数や時間を決めて与える。

医院でできる予防

①フッ素塗布(家庭のより濃度が濃いです)
②シーラント
③バイオフィルム除去(PMTC)

次回、予防について詳しくお話します

Copyright (C) 2007 エイト歯科クリニック All Rights Reserved.

Copyright (C) 2007 エイト歯科クリニック All Rights Reserved.