ちょっとイイ歯なし(ブログ一覧)|「よりよい治療」を追求する歯医者|佐賀県吉野ヶ里のエイト歯科クリニック

ちょっとイイ歯なし

歯の健康のために、ちょっとイイ歯なし

親知らず

こんにちは中山です

今回は親知らずについて、お話しします

 

みなさん、親知らずという言葉をご存じだと思います
親知らず(智歯)とは、18歳から20歳くらいに生えてくる、一番奥の歯です

画像2

近年の日本人はやわらかい食べ物を好む傾向にあり、あごが小さくなっています
そのため、親知らずの生えるスペースが足りないのです

痛みがないのに抜歯をすすめる事がありますが、それには理由があります
横向きに生えていて隣の歯を押している場合があります
今は痛みがなくても放置すれば痛みや炎症が起きる可能性があり、歯並びに影響がでます
このような場合は、医師の診断のもと抜歯を進めることがあります

画像3

まっすぐ生えている場合、上あごと下あごがしっかり噛みあってる場合は抜く必要はありません

親知らずの抜歯は「怖い」
「痛い」
と思う方がほとんどだと思います

親知らずは他の歯と違って、あご骨の中に埋まって悪さをするのであごの骨を少し削って歯を割って取り出さなければなりません
また、根っこの先に太い神経があります
その神経を傷つけないように慎重にならなければなりません

痛みについては麻酔が1時間から2時間効果があるので、麻酔がさめると痛みを感じる事があります
痛み止めを服用していただければ痛みは緩和されます

怖いと思われる方には、リラックスして処置を受けれる方法があります
次回のブログで紹介しますね

画像4

画像5

Copyright (C) 2007 エイト歯科クリニック All Rights Reserved.

Copyright (C) 2007 エイト歯科クリニック All Rights Reserved.